園長あいさつ

 

園長 中曽根才智 社会福祉法人ロザリオの聖母会
障害者支援施設 聖家族園

園長 中曽根才智

 

基本方針

どのような重い障害を持つ人も人間として尊重し、生命の尊厳を保持するとともに、利用者個々の持つ能力に応じた生きがいのある生活を送れるよう支援に努めます。

・施設の歩み

平成6年6月に聖家族園を開設し、現在19年が過ぎました。開設当時は精神薄弱者入所更生施設の名称でしたが、その後知的障害者更生施設となり、平成23年10月からは障害者支援施設「聖家族園」となります。措置制度から支援費制度そして自立支援法へと制度変更がありましたが「利用者を中心とした」施設運営を目指し、今後も誠実に努力を積み重ねて行きます。

・施設運営

平成23年10月より自立支援法に移行し、施設入所支援(定員:50名)と生活介護事業(定員:50名)と夜間・昼間と分かれ、障害者支援施設として運営されています。日中の生活介護事業は、作業を中心に個々の能力の開発に努めています。施設入所支援は、ゆっくり夜間、施設で過ごしてもらうよう努めています。

・利用者の要望の実現

利用者個々の希望に関しては担当が中心となり、本人あるいは家族と連絡を取り実現を図ります。また、森の会(利用者自治会)を実施して利用者の要望を把握し、意思の尊重・要望の実現を積極的に実施しています。

・家族会との関係

家族会総会及び定期的に開かれる役員会では、施設長及び幹部職員も参加させていただき意見の交換を行っています。 家族には、園の行事、夏祭り、運動会、クリスマス会、新年会及びロザリオの福祉まつりには、積極的に参加いただき利用者・家族・職員も楽しんでいます。 年に一回全家族に「サービス改善アンケート」を実施し、サービス改善に努めています。家族は単にサービスを受ける立場ではなく、改善アンケートを通して施設運営を担うパートナーであることを理解していただけるよう努力を行っています。

・福祉サービス質の向上

東京都の認定評価機関による第三者評価を実施しています。その評価過程および結果を業務改善に活かす努力を行っています。