精神障害者地域移行支援事業

 千葉県は誰もがその人らしく地域で暮らすことができる地域生活環境を実現するため、精神障害のある人の地域生活への移行を推進しています。障害保健福祉圏域ごとに「精神障害者地域移行支援事業」を指定相談支援事業者に委託しており当事業所、も海匝圏域をエリアに千葉県より受託しています。

(※平成18年度より継続しています。)

具体的に以下の内容について実施しています。

①圏域連携コーディネーターの配置

②地域移行支援協議会の設置   

③ピアサポートの活用

④遠隔地退院支援事業(別に事業化)