扶養義務者選任の手続きについて

ふつう、入院するときは本人が手続きを行います(任意入院)。しかし精神科の場合は、入院治療が必要であっても、 幻覚・妄想などにより本人が入院を拒否することがあります。また本人の意識や精神状態が不安定で、意思が確認できないこともあります。こういうとき、本人が同意するまで入院できなかったらとても大変です。

こういった場合は法律で、「精神保健指定医」という資格をもった医師の診断と、家族等の同意があれば、入院させることが可能になっています(医療保護入院)。

しかし、家族といっても誰でもよいわけではありません。昔は政治家が自分と考えの違う親戚をおとしめて入院させるなどの事件もあったからです。 そういう不正がないように、同意できる家族は法律で定められています。

このように、3親等以上離れた家族の場合、扶養義務者の選任を受けなければ同意ができないことになっています。 これが実は、結構大変な手続きなのです。(ただし、3親等離れた親族が一人だけの場合、自動的に扶養義務者になることができます)

ここでは、扶養義務者選任手続きの手順について、なるべく分かりやすく説明したいと思います。

☆


1.書類を準備します

家庭裁判所に提出する申立書を作成します。申立書および記載例は、 裁判所のホームページ「扶養義務の設定」から入手できます。

○その他用意するもの

☆

2.家庭裁判所に行きます

申立書・戸籍謄本・身分証明書・住民票・切手・収入印紙がそろったら、 本人の住所地の家庭裁判所に行き、手続きを行います(海上寮近辺であれば、千葉家庭裁判所:八日市場支部)。 本人の住所地を管轄する家庭裁判所については、裁判所のホームページ「裁判所の 管轄区域」でご確認ください。

千葉家庭裁判所:八日市場支部
〒 289−2144
千葉県匝瑳市八日市場イ2760
(JR総武本線八日市場駅から徒歩15分)
Tel: 0479−72−1300
Mapfanの地図裁判所提供の地図

☆

3.書類を海上寮に持ってきて、手続きをします

家庭裁判所より審判書類が届いたら、海上寮で改めて医療保護入院の同意書を記入して完了です。

☆

いかがだったでしょうか。たいへんな手続きですが、一度おこなっておけば、2度目の入院からは行う必要はありません。わからないことがありましたら、お気軽にケースワーカまでお尋ね下さい。


トップページへ戻る

はじめての方へ :  外来(初診・再診・作業療法・デイケア・心理)認知症外来・往診について入院についてアクセス

海上寮の概要 :  院長あいさつ歴史病院概要ギャラリースタッフ紹介年間行事求人情報

福祉制度 :  お金が助かる/精神科特有( 成年後見)/ わかりやすい福祉ロザリオの聖母会

Copyright© 2011-2016 Kaijoryo all rights reserved.